4、自己破産とは?

債務整理の代表的な一つである。任意整理などではどうしようもなく、全く返済する能力がない場合に破産するしかないという人を救済する方法である。だからといって誰でも申請できるわけでもないので、それぞれの債務整理の特徴を見極めて、自分の債務状況と比べてみてほしい。

自己破産とは?
過払い請求などの整理をしても尚、個人の債務者が個人事業または、消費活動の結果自身の財産にすべての債務を返済できない状態に陥った場合にその債務の整理のために自ら破産申請をする場合、これを自己破産という。
借金を耐えられることができなくて今後も返す能力が全くない個人に裁判所が破産を宣告することで、隠して置いた財産はもちろん、全く財産がないと判断されれば債務自体を免責決定で減少してくれる。 
自己破産を申請すれば裁判所の事実確認作業を経た後破産宣告が行われて破産者は自身が所有しているすべての財産を債権者らに分ける手順を踏む。しかし債権者らに分ける財産さえない場合には破産宣告と同時に破産廃止されることによって破産手順を踏まなくなる。
免責というのは配当されず残った債務に対して破産裁判所の裁判により債務者の責任を免除することをいう。
自己破産・免責と類似の制度では財政的困難を経験している債務者の回復を企てようとする"再生手続き"および"個人再生手続き"がある。

破産制度は債務者に破産原因がある場合、債権者または、債務者の申請で破産を宣告して債権調査手続きを通じて債権者の権利を確定した後、破産官財人を選任して債務者の財産を患家して権利の優先順位と債権額により患家なった禁苑を分配する過程として、配当手続きが終われば裁判所の破産終結決定により終了する。 しかし破産官財人を選任して財産を患家する手続きは相当な費用が要求されるので、このような手続き費用がない場合、清算手続きを省略して破産宣告と同時に破産手続き廃止決定をすることとなる。

- “自己破産”は法律上の用語ではないか、債務者が個人の破産事件をいって、これにはサラリーマン、主婦、学生など非営業者が消費活動の一環で返済能力を超過して物品などを購入した結果自身のすべての財産でも債務を完済できなくてこれを解決しようと自ら破産を申請する‘消費者破産’、 個人事業者が営業活動を通じて債務を負担して破綻に達して破産を申請する‘営業自破産’を全部含む。

?“免責”とは
-免責というのは債務者に対し破産手続きによって配当されなかった残余債務に関して破産裁判所の裁判によって債務者の責任を免除することをいう。免責制度は自己破産において特殊な制度で、自己破産の実質的な目的は免責を受けるためであり、裁判所の免責決定が確定すれば債務者は破産債権に対してこれ以上返済する責任がなくなる。
-裁判所から免責を受けた債務者は破産手続きによる配当を除いては破産債権者に対する債務の全部に関してその責任が免除されるが、租税、罰金・過料などの請求権に対しは責任が免除されない。

自身のあやまちでない自然災害や景気変動などと同じ不運によって破産宣告を受けた‘誠実だが不運な’債務者に新しい出発の機会を与えるためのものとして破産手続きを通じて返済されなくて残った債務に対する債務者の返済策であることを破産裁判所の裁判によって免除させることによって債務者の経済的更生を企てることで個人にだけ認められる制度である。

注目サイト

文京区で中古一戸建てを探す

2018/7/26 更新